2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

日本人指導者が言う技術って小手先の技術ばかり

1 ::2007/11/02(金) 16:24:19 ID:negzL1/G0
いくら小技を沢山持っていてもベネチア時代の名波みたいに
吹っ飛ばされたりプレスがきつくて試合では、自分が持ってる
技術をだせなければ意味がない。むしろ、技術は普通だけど
フィジカルや運動能力が高くて試合では自分の持っている力を
出しきれる選手のほうが重要だ。

2 : :2007/11/02(金) 16:53:04 ID:HTqTyuR00
山岸とか巻とか豚モリシか。

3 ::2007/11/02(金) 17:19:26 ID:706dPR1E0
北京世代がまさにこれ。

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/02(金) 17:24:36 ID:SY3ZecuY0
Jリーグではその小手先の技術で成功できるから余計分かりにくいことになってる

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/02(金) 17:28:33 ID:XAn1Shxt0
>>1

で、どうして日本人の指導者にはそういう人が多いの?
どういう背景があって、そういう指導者ばかりが生まれたの?
というか、この事実に気付いた>>1は日本人じゃないということでいいの?
もし>>1が日本人だとしたら、「日本人でも今の指導法の過ちに気付くことはできる」という証明であって、
そうだとしたら、なぜ過ちが明らかなのにこれまでその指導法を直そうとする動きがなかったの?
必要がなかったから?その背景は?

>>4
なるほど。

6 :メー:2007/11/02(金) 19:08:23 ID:ap3cDiNDO
名波って誰?

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/02(金) 19:09:03 ID:SY3ZecuY0
http://www.youtube.com/watch?v=j_kOi6CSPq4

8 :_:2007/11/02(金) 21:36:55 ID:clYK5OT4O
またフィジカル信者が糞スレ立てたかw

9 :-:2007/11/02(金) 22:54:15 ID:VT2/DZCx0
名波や中村などは典型的な「強いチームでしか輝けない」選手。
今の日本には「弱いチームでも輝ける」選手が必要。

10 : :2007/11/02(金) 23:45:35 ID:P4rq1MRl0
    高原 加地
 加地       加地
    稲本 阿部
加地 釣男 中澤 加地
      川口

11 : :2007/11/03(土) 12:54:12 ID:tKlsdfGoO
W杯の最大要素は歴史とフィジカルだよ
クラブと違って国対国は審判も判定に困るから伝統国は優遇される
他の国も意地の張り合いになってるけど伝統国ならまぁいいかとなる
見てみぃブラジルとイタリアの当たりの激しさ。しかも普通にファール流されてる
日本はフィジカル戦争から逆行してテクニックとか言ってる場合じゃない

12 :_:2007/11/10(土) 10:59:11 ID:qsPTEcBY0
>>5
何をトチ狂って疑問連発してんだ?
別にこんな感想を持つ奴が日本人にいたって不思議でもないだろ。
「日本は技術は優れてますから」とかいいつつ、
真剣勝負では全然発揮できてないんだから。

>>9
要は独りになると、何もできなくなるからなんだよな。
周りが動けていてこその選手。
周りが見えているのは良いけど、
状況が苦しい時に自分で引っ張っていくもの(ミドルなりキープなり突破なり)
が無いと、周りが抑えられると自分も死んで終了。

13 ::2007/11/10(土) 11:07:57 ID:FRt6gk1XO
外国人枠を取っ払えばいい
そうすれば、浦和みたいなチームがゴロゴロ出てきて、外国人との戦い方が学べる
日本人の技術は世界でもベスト5に入ることが出来るレベルだと思う
だけど、屈強な外国人との戦いが少ない
少なくても浦和のように外国人枠を5枠ぐらいは欲しいとこ
Jは転換機に迫られてる

14 ::2007/11/10(土) 11:25:46 ID:La/U6iVj0
フィジカルコンタクトも技術
体の当て方腕の使い方トラップで落とす方向全部
競り合いの中でどうするかの実践的な技術というか方法論がある
アルゼンチンの選手なんかは小さくてもこれがあるから世界でも負けない
もちろん体も大きく、体の当て方の技術もある選手には負けるだろうが、それなら切り返しで勝負できる
というか、そこまで含めての対人プレーの技術なわけ

日本も田嶋みたいにユースからでかい子ばかり集めるぐらいなら
アルゼンチンやメキシコあたりからそういう技術を教えられるコーチを招聘しろ

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/10(土) 12:04:20 ID:s2uLK1UL0
もはや指導者を越えてサッカー文化の問題まできてるよ
Jリーグと欧州リーグなんかもう別競技にすら見えてくる
それは技術面よりメンタル面の差が大きい
闘ってるよ。向こうの選手は。

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/10(土) 12:07:41 ID:s2uLK1UL0
・中田英が2006W杯で国内組の一対一の守備のやり方に不満を抱いていた事について

中田浩二
「ヒデさんは前でボールを獲るという欧州のスタイルを主張して、日本的なやり方じゃ駄目
なんだと言っていた。そういう部分でチーム内にギャップがあったのは事実。ジーコはあら
ゆる面で選手自身が判断することを求めていたけれど、僕らはまだ力不足だった。」
週刊プレイボーイ2007/3/26No.13より

藤田俊哉
「海外でプレーすると、ボールを奪いに行く感覚がJリーグのサッカーとは違うんですよ。
そのギャップがあるなあ、と。僕もボールに対してディレイすることが多い。こう、見るって
いうのかな。それが悪いわけじゃ無いんだけど、海外ではもう少しボールに噛みつくシチュ
エーションが多いんですよ。国内って分け方がいいのかどうかはわからないけど、日本で
サッカーしているとディレイすることが多い。で、ひとりはディレイしたい、ひとりは行きたい
っていうギャップが出ちゃう。僕は国内と海外でやって、この問題はすごくあるなあというの
を感じてた」
戸塚啓他著「敗因と」より


--海外でプレーして感じたことは?
松井大輔
「相手DFの当たりは半端じゃない。Jリーグを1とすれば10ぐらい(笑)ちょっとしたファウル
でも日本とは違いファールとしては取らずにそのままプレーオンする。始めは戸惑いました
が、これが世界の標準なのだなぁと思いました。だから、考え方を変えてもっとシンプルに
中盤では簡単にボールをさばくようになった。中盤からドリブルしたら削りにくるので、球離れ
が早くなった。」

--日本人が海外で適応するためには?
中田浩二
「まずは球際。練習試合でボランチをやって思ったのは、前へ出てボールをどんどん取りに
いかなきゃならないこと。こっちの守備はボールを取りに行くというより、先に体をぶつけてくる。
日本はボールからだから多少は余裕があるし、かわせるけどこっちはいきなり体で来る。」
エルゴラッソ371号より


http://number.goo.ne.jp/soccer/japan/20070111.html
今季、バーゼルでDFにコンバートされた中田浩二は、ヨーロッパの舞台でセンターバックとして
プレーするうちに、Jリーグのある問題に気がついたという。
「Jリーグでは、ちょっとでも後ろから当たろうものなら、審判が笛を吹く。それに慣れているから、
いざAマッチに なったときに相手を激しくチェックできないんですよ。国際レベルで闘えるようになる
には、審判も変わる必要がある」




17 :-:2007/11/11(日) 19:45:27 ID:QpX0s6b2O
Jの審判がダサ夫

18 :a:2007/11/11(日) 22:46:12 ID:13n484O20
オシムが山岸とか巻使うのはそういう理由からなんだが
なかなかわかってくれないよね

19 :A:2007/11/11(日) 22:53:20 ID:tCA832jEO
ハース「オシムはスピードある選手が大好き」

7 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)