2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

[Dejan] デヤン・スタンコビッチ [Stankovic]

1 :デキ:2007/10/02(火) 19:28:46 ID:rvHmTCXj0
落ちたから立てた。

中盤ならどのポジションもこなす"なんでも屋" 
デキことデヤン・スタンコビッチのスレです。

生年月日:1978年9月11日生まれ 身長:181p 体重:75kg

国籍:セルビア 出身:ベオグラード 現所属チーム:インテル

1992年、名門レッドスター・ベオグラードに入団
1994年、リーグデビュー 最年少記録
1998年、4月22日の韓国戦にて代表初キャップ 2ゴールの大活躍
1998年、20歳の若さで仏W杯に出場 ラツィオへ移籍
2000年、ラツィオでスクデット獲得
2004年、ユベントスとインテル双方からオファーを受け、インテル移籍を決断

転機は01-02シーズン。ラツィオ移籍以降伸び悩んでいたスタンコビッチだが、
アルベルト・ザッケローニのラツィオ監督就任を受け、左サイドを任される。
このチャンスをモノにしたデキは翌シーズン、恩師ロベルト・マンチーニの下
センターハーフのポジションでラツィオの中心選手へと成長を遂げる。
2004年1月、ユベントス、インテル双方からオファーを受けるが、本人は一貫して
インテル移籍を希望。ルチアーノ・モッジの妨害もあったが、無事インテルへ移籍すると
トップ下を任され、混乱期にあったチームを同じく冬に移籍してきたアドリアーノと共に
チャンピオンズ・リーグ圏内へ引き上げる。翌シーズン、ラツィオで苦楽を共にした
マンチーニがインテルの監督に就任すると、再び左サイドへポジションを移す。
監督の信頼を一身に受け、レギュラーポジションを失うことはなかったが、
04-05、05-06シーズン共に満足できる出来とはほど遠かった。
迎えた06-07シーズン、開幕戦のカンビアッソの負傷、さらに4-3-1-2の導入を受け、
ポジションを左サイドからセンターに移すと、03-04シーズンの後半戦を
彷彿とさせる活躍を見せ、負傷者が相次ぐインテルを文字通り牽引している。

2 :デキ:2007/10/02(火) 19:31:06 ID:rvHmTCXj0
デキは

いいデキ 
普通のデキ
デキいない←いまここ
デキ壊れた

のサイクルを繰り返すので、(いいデキ)のときに使いこんでおいたほうがよい。
そして、(デキいない)になったらすぐ休ませる。
でもマンチョはバカだから良かろうと悪かろうと使いまくって(デキ壊れた)になる。

3 :.:2007/10/03(水) 01:03:48 ID:Sb/zzKif0
マツイヒデキ

4 :名無しさん:2007/10/03(水) 21:28:34 ID:lCgDzZ1l0
スタンドリッチ

5 ::2007/10/07(日) 21:58:48 ID:xIO6iJpL0
保守

3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)